足白癬とは

爪水虫を治療するなら知っておきたい3つの薬

白癬菌感染の大半を占める「足白癬」

足白癬は水虫という呼び名の方が一般的ですが、全体の65%程と圧倒的に多い白癬菌感染症です。足白癬は、病気を発症すると行った類では無い為軽視されやすい事もあり、日本人の5人に一人が足白癬を発症しているというデータもある程身近なものです。

白癬菌の感染は、環境によっても大きく左右されます。

良くある感染経路は、家族内で足白癬を発症している場合、または、学生寮や共同宿舎、老人ホームのような集団生活環境において、浴場などを共同で使用する場合などです。

これ以外にも、普段から長靴や安全靴の着用機会の多い仕事、革靴を履きっぱなしのサラリーマンなど、社会的に感染しやすい環境にあると言えます。また、足の指の間が狭い場合も菌が溜まりやすく、発症しやすいと言われています。

足白癬は、現れる症状によっていくつかの型に分類されます。
※画像をクリックすると鮮明な画像で見ることが出来ます。


角質増殖型の画像

角質増殖型(かくしつぞうしょくがた)
かかとを中心として、足のそこ全体の皮膚が厚くなる、角化する、落屑(細かく皮膚の剥け)る状態で痒みはほとんど無い。


趾間型の画像

趾間型(しかんがた)
足指の間に発症するもので、水分に浸って軟らかくなる「浸軟」や皮膚が紅くなり、皮膚表面が剥がれかける状態など。


小水疱型の画像

小水疱型(しょうすいほうがた)
春から夏にかけての発症や痒みを伴うことも多い症状で、小さなブツブツや癒合傾向の水泡、膿疱を伴うなどが現れます。


これらの足白癬の型があり、外用薬によって治療可能なのは、趾間型と小水疱型です。
治療期間は、最低1ヶ月。さらに、治療の予備期間として2ヶ月の計3ヶ月は見ておかなくてはなりません。